アニメーション映畫『アリスとテレスのまぼろし工場』の製作が決定し、特報映像やティザービジュアルなどが公開された。

動畫電影《愛麗絲和特蕾絲的夢幻工廠》決定製作,並公開特別影片和視覺圖。

監督を務める岡田麿裏は、『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』『先生! 、、、好きになってもいいですか?』などの腳本家としても知られ、アニメーション監督デビュー作となった『さよならの朝に約束の花をかざろう』で高い評価を得た。『この世界の片隅に』で數々の賞を受賞したMAPPAがアニメーション製作を擔當し、本作が初のオリジナル劇場作品となる。

擔任導演的岡田麿裏曾作為《劇場版未聞花名》、《老師,我可以喜歡你嗎?》等電影作品的腳本家為大家所熟知,動畫電影處女作《朝花夕誓》也獲得很高的評價。本片由製作了《在這世界的角落》等眾多得獎作品的MAPPA負責製作,這也是該公司的首部原創劇場版作品。

本作について岡田監督は「曖昧な世界でもがく少年少女達が、“戀心”を武器に運命と戦う物語です。信頼するスタッフとともに、地に足がついていながら挑戦的な、このチームでしかできないアニメーション映畫を追及したいと思っています」と意気込みをコメントした。

關於這部作品,岡田導演很有信心地説“這是一部講述了掙扎在未知世界的少年少女們以‘戀愛之心’為武器與命運抗爭的故事。我將和信賴的夥伴們腳踏實地地完成這項挑戰,創作一部只有這個團隊才能完成的動畫電影作品”。

公開された特報映像には、ピアノの旋律が流れる中、「あたりまえの世界は 戀することで 終わりを告げる」の文字が浮かぶ。さらに、少年と少女の葛藤を思わせる描寫やファンタジックな映像が映し出され、ラストには泣き聲のような叫び聲が響き渡る。合わせて公開されたティザービジュアルからも、本作の美しいがどこか棘のある獨特の作風が伝わってくる。

已公開的特別影片中,伴隨着鋼琴的旋律,“司空見慣的世界 因為愛 迎來終結”的文字緩緩浮現。之後,播出了少年少女的愛戀片段和奇幻畫面,最後以一聲哭嚎結束。再配合公開的視覺圖,整部作品風格獨特,讓人感受到悽美的同時還有些痛心。

翻譯為滬江日語原創,未經授權禁止轉載。

相關閲讀推薦:

《美少女戰士》30週年:受歡迎的本質居然是破壞!

這部13禁的國產動畫終於要在日本上映了!