中國人に「日本のどの都市が好きですか」と聞くと、多くの人から「大阪」という聲が上がります。コロナ禍直前の2019年、訪日中國人観光客が訪れた都道府県の順位で、大阪府は東京都に次いで2位でしたし、中國最大の検索サイト「百度(バイドゥ)」の都道府県別「検索動向ランキング」でも、大阪府は2018年に1位となりました。

只要問中國人“你喜歡日本哪一個城市”,大多數都會回答“大阪”。新冠病毒爆發前期的2019年,按照來日的中國遊客到訪都道府縣的排名,雖然大阪府排在東京都之後居第2名,但是中國最大的搜索引擎網站“百度”的都道府縣“搜索熱度排名”,大阪府在2018年是第1名。

コロナ禍以前の関西國際空港には、中國の各都市から週30便以上と多くの格安航空會社(LCC)の便が就航し、アクセスのよさも中國人にとって、大阪が身近な存在と感じる理由なのかもしれません。しかし、これら以外にも、中國人ならではの「大阪好き」の理由があるようです。それは何でしょうか。

疫情之前的關西國際機場,從中國各個城市飛來的航班每週有30個以上,以及是大多數廉價航空(LCC)的起航地,交通的便利度對中國人來説,可能是感到大阪近在身邊的理由。但是,除此之外,中國人似乎還有其他“喜歡大阪”的理由。那到底是什麼理由呢。

東京は北京、大阪は上海?

東京是北京、大阪是上海?

筆者は以前、「大阪が大好き」という中國人たちに、その理由を尋ねたことがあります。最も多かった理由が「大阪の親しみやすい雰囲気が中國人の性に合っているから」というものでした。「東京の地下鉄では、大きな聲を出して話ができない雰囲気があるし、東京の人には近寄りがたい雰囲気があるが、大阪ではそんなことはない。みんなフレンドリーで聲を掛けやすい。大阪の人は中國人とどことなく似ている」というのです。

作者以前,向“超級喜歡大阪”的中國人們詢問過理由。回覆最多的理由是“因為大阪的親切感符合中國人的個性”。“在東京的地下鐵,有種不能大聲説話的氛圍感,並且東京人有種難以讓人接近的感覺,在大阪就完全不會。大家都很友好地和你交談。大阪人和中國人某個部分很相似”。

「大阪の街なかでは、おばちゃんが『あめちゃん』をくれる」という話もあるように、日本人が見ても、大阪は人と人の距離感が近い感じがしますが、中國人も同じような気持ちになるようです。次のような聲もありました。

就像如“在大阪的街上,大媽會給你糖果吃”的傳言,即使是日本人看到,也會覺得在大阪人與人的距離感很近,中國人也是同樣的感覺。其次還有這樣的聲音。

「大阪の女性が着ている服のセンスは中國人と通じるものがある。特に、中年以上のおばちゃんの派手な服は中國人のおばちゃんとまったく同じだ!」

“大阪女性的着裝品味和中國人是相通的。特別是中年的大媽們,身穿的花哨衣服和中國大媽如出一撤!”

「大阪は東京よりも、食べ物が安くておいしい。食べ歩きをしていても、あまり白い目で見られない。かしこまっていないところが好き」

“大阪與東京相比,食物便宜又好吃。就算邊走邊吃,也不會被人冷眼相待。我喜歡不是那麼死板的這點”

「大阪の中でも、難波や道頓堀などミナミの繁華街に行くと、ハデハデな裝飾が多くてワクワクする」

“在大阪市內,只要是去難波和道頓堀等minami的繁華地段,很多眼花繚亂的裝飾讓人興奮”

「大阪の地下鉄で『あなた、中國から來たの?』って隣の人に話しかけられた。日本語で。こんなことは日本を旅行していて、めったにない経験だ」

“在大阪的地下鐵,旁邊的人會用日語和你搭話‘你是從中國來的嗎?’。這樣的事情發生在日本旅途中,算是難能可貴的經驗。”

中國人はよく、「東京は北京と似ていて、大阪は上海と似ている」という比較の話をします。北京は中國の首都で、中國全土から人が集まってくる大都市ですが、政治の中心でもあり、緊張感もあります。一方、上海はビジネスの中心地で、北京より開放感があります。人と人との距離感という點では、筆者も上海に行ったときに大阪と似たものを感じたことがあります。數年前までの話ですが、上海の地下鉄に乗っていて、よく初対面の人から聲を掛けられました。

中國人經常會這樣比較道,“東京像北京,大阪像上海”。北京是中國的首都,是彙集了全中國各地人士的大都市,也是政治中心,有點緊張感。另一邊,上海是商業中心地,比起北京更具有開放感。從人與人的距離這點來看,作者也覺得去到上海的時候有種和大阪很像的感覺。雖然是幾年前的事了,在上海乘坐地下鐵時,經常會被第一次見面的人搭話。

「次の駅は何ていう駅なの?」「○○駅には、あと何分くらいで着くかな?」といった感じで、「すみません。ちょっとお尋ねしますが…」といった「前置き」はなく、いきなり本題を、それも砕けた口調で話し始めるのです。その口調はまるで、10年來の知り合いのようで、筆者は最初のうちは戸惑いましたが、こちらも砕けた感じで「次は○○駅だよ」と答えると、ニコニコとうなずいていました。

像是“下一站是什麼站?”“到○○站,還要幾分鐘呢?”這樣的問話,沒有“不好意思,我想問一下…”的開場白,直接就進入正題,但也是用一種融洽的語調説的。那種語調完全就像是認識了10年的朋友一樣,最初作者感到很困惑,如果用同樣融洽的感覺回答道“下一站是○○”,對方便會微笑着點頭。

今では、地下鉄の行き先や停車駅などを調べるアプリが中國でも日本でも発達していますし、中國人も赤の他人に突然、親しげに聲を掛けるということは、以前よりもかなり減っています。しかし、赤の他人に親しげに聲を掛け、話をすることに抵抗のない中國人もまだいます。中國人が「大阪は性に合う」と言うのは、彼らはもともと、人と近い距離感で話をすることが大好きという民族性があり、それが大阪の気質と一致するのだろう、そんなふうに思います。

現在,中國和日本調查乘坐地鐵去目的地和停車站的軟件都很發達,中國人突然親切地向陌生人問話的事,也比以前大大減少了。但是,現在還是有中國人對陌生人突然親切問話的事感到無所謂。我是這樣認為的,説中國人和“大阪的性格搭調”,也是因為他們本來就是很喜歡和人近距離説話的民族性,這一點和大阪的秉性是一樣的吧。

本內容為滬江日語原創翻譯,嚴禁轉載。

相關閲讀推薦:純屬娛樂:日本人眼中有錢人最多的都道府縣TOP10