「中國人留學生」といえば苦學生で、學業よりも就労目的。そんなイメージは完全に過去のものだ。1000萬人の競爭をくぐり抜けた人材が、日本の一流大學で、ズバ抜けた存在になっている。

"中國留學生"被看做是辛苦的一羣人,比起學業,工作對於他們更為重要。不過這已經是過去式了。中國留學生從1000萬人中脱穎而出,求學於日本一流學府,成為精英。

數學五輪は世界1位

數學奧林匹克競賽世界排名第一

「ここ4~5年、東大にいる中國人留學生が全體的に優秀になっている印象があります。かつては優秀な子もいれば、そうでない子もいて、玉石混交の狀態でした。」そう語るのは、東京大學先端科學技術研究センター教授・西成活裕氏だ。

東京大學尖端科學技術研究中心的西成活裕教授談道“最近4、5年,東大的中國留學生給人的感覺都很優秀。以前玉石混淆有很棒的孩子也有稍微差一些。

大國・中國の存在感は政治、経済の世界以外でも増す一方だ。7月11日からイギリスで開催された國際數學五輪でも、中國チームはアメリカとともに1位に輝き、日本は13位に沈んだ。そんな國力の衰えを最も実感しているのが、教育現場なのだ。

大國・中國的強大不再單單取決於其政治和經濟。國際數學奧林匹克競賽於7月11日在英國召開,中國和美國隊共摘桂冠,而日本隊名落孫山只取得第13名。教育發展的落後最能體現出一個國家國力的衰退。

いま、中國人留學生が東大、京大、慶應、早稲田などの名門校に多數在籍している。そして、その多くが日本人が太刀打ちできないほど、優秀な成績を収めている。

現如今,東大、京大、慶應、早稻田等頂級學府都擁有大量的中國留學生。並且大部分留學生都取得了日本學生無法比擬的傲人成績。

現在、東大には約2400人の中國人留學生がいる('19年5月時點)。中國の高校を卒業した後、留學生試験を受けて學部から入る、あるいは中國國內の大學を卒業後に日本人と同じ院試を受けて、大學院から入學するなど、パターンは様々だ。

目前東大的中國留學生大約有2400人(統計截止到2019年5月)。有的人是在中國高中畢業後,通過留學生考試進入東大本科學習。也有的是在本國的大學本科畢業後與日本人一同接受研究生入學考試。總之,留學東大的方式多種多樣。

西成氏が話す。「日本人學生とはハングリーさが違います。私の講義後、質問にやってくるのは、きまって中國人留學生。彼らは自分が理解できなかった部分や疑問に感じたところを、その場で明らかにしたいという考えを持っているように感じる。反対に日本人學生はなかなか質問に來ない。『まあ、いいや』と済ませてしまう人が多い傾向にあると思います」

西成教授説:“日本學生與中國學生的求知慾完全不在一個層次上。課下來請教問題的肯定是中國學生。他們對於不理解的知識點一定會打破沙鍋問到底,但日本學生卻很少這樣,很多人給我的感覺都是‘差不多行了’得過且過。”

東大には學業、社會活動などで優れた成績を収めた學生を表彰する「総長賞」という制度がある。

東大會對在學業或社會活動等方面有優異表現的學生進行表彰,也就是東大的“總長賞”。

これまで何人もの中國人留學生が受賞しており、直近では'17年度に薬學系研究科の博士課程に在籍する中國人留學生が「自然免疫受容體Toll様受容體7の構造生物學的研究」というテーマで総長賞を受賞している。

迄今為止有多名中國留學生得到此項榮譽,最近的一位是2017年藥學研究科博士在讀生,他憑藉“自然免疫鐸樣受體7基因的構造生物學的研究”這一課題取得“總長賞”。

「私が會った中國人留學生で印象的だったのは、中國の大學を出て、研究員として東大にやってきた青年です。彼は何かに興味を持ち、研究を始めると、必ずどこかで區切りをつけ、論文という形にまとめるんです。

“在我所教的中國留學生中,這位在中國讀完本科,考入東大研究生院的男生給我印象最深。他的求知慾很強,一做研究必定會一段一段地仔細分析文獻,以論文的形式進行總結。”

日本人學生の場合、研究を始めても、行き詰まったり、面白みがないと、すぐに諦めてしまう。

換做是日本學生,即使研究已經進行了,但一遇到難題或者對課題不感興趣了就馬上放棄。

通常、研究者は年齢と同じ本數の論文を書かなければならないとされています。たとえば、40歳であれば40本といった具合です。

一般情況下,研究員撰寫的論文篇數要跟自己年齡相當。比如40歲的話就要發表過40篇論文。

しかし、彼は30代ですでに100本近くの論文を書いていました。いま彼は中國の大學に戻っていますが、30代の若さですでに教授になっています」(西成氏)

但是,他只有30來歲卻寫了將近100篇論文。他現在已經回到中國,30歲就已經成為一名年輕的教授。

なぜここまで優秀な中國人留學生が増えているのか。ひとつに、総數自體が「爆増」しているという実態がある。

為什麼如此優秀的中國留學生會增加那麼多呢。一方面是基數的“暴增”。

「獨立行政法人日本學生支援機構(JASSO)が來日する留學生數を出身國別に調査しており、'13年度の中國人留學生の數は約8萬2000人でしたが、'18年度は約11萬5000人と、大幅に増加しています。

“獨立行政法人日本學生支援機構(JASSO)對來日留學生的人數和國別進行了調查,2013年中國留學生人數約8萬2000人,而到了2018年人數大幅上升。

中國人留學生の數は留學生全體の4割弱と、ダントツです。人気なのは東大、そして早稲田です。早稲田は、初代総書記の陳獨秀など創設メンバーらが留學していたという點が、中國人の心をくすぐるようです」(ジャーナリストの中島恵氏)

中國留學生人數佔全體留學生的40%,人數遙遙領先於其他國家。東大和早稻田是熱門大學。第一代總書記陳獨秀等一眾中國共產黨的創始人留學於早稻田,這似乎吸引了不少留學生到早稻田學習”(記者中島惠)

日本でなら成り上がれる

留學到日本就相當於鍍金

早稲田には、現在、約3400人の中國人留學生がいる。慶應には約950人、京大には約1400人が在籍している(すべて'19年5月時點)。

目前,早稻田大學約有3400名中國留學生。慶應大學約有950名中國留學生,京都大學約有1400人(統計數據截止到2019年5月)。

中國の學生のトップ層はハーバード大、エール大といったアメリカの名門校に留學するケースが多い。米・國際教育研究所の調べによると、'17~'18年にアメリカの大學に在籍している中國人留學生は実に約36萬3000人にのぼる。

哈佛大學、耶魯大學等美國名校是在中國留學生眼中的頂級學府。據美國國際教育研究所調查,2017年~2018年在美國大學留學的中國人約有36萬3000名。

それでも、日本を選ぶ優秀な留學生がいるのには理由がある。中國最大手のオンライン教育企業「滬江」の社員が解説する。

即便有大量優秀的中國學生選擇去美國深造,也還是有優秀的留學生青睞於日本。中國最熱門的線上教育平台“滬江”的員工向我們分析了其原因。

「留學先として日本を選ぶ理由の一つは、教育水準は一定以上あるにもかかわらず、歐米の大學に比べて學費が安いこと。つまりコストパフォーマンスがいいのです。

“選擇來日本留學其中一個原因是日本的教育水平較高同時學費比歐美學校便宜。總體來説性價比很高。

さらに奨學金制度も充実しており、決して経済的に豊かではない家庭の子息であっても、留學できる。治安が良いという點も、人気の理由の一つです」

再者,獎學金制度很完善,即使是家庭條件不寬裕的孩子也能承擔得起留學壓力。日本治安不錯也是一大因素”

彼らの優秀さの一因に、中國の大學入試試験「全國普通高等學校招生入學考試」、通稱「高考」がある。高考は毎年6月に全國一斉に行われる、いわば「中國版センター試験」。

中國的 “全國普通高等學校招生入學考試”也就是“高考”在每年6月份如期進行,日本人稱其為“中國版的中心考試”。

しかし、日本と違って大學別の入試はなく、高考一発勝負だ。中國には約2600校の普通大學があるが、多くの受験生が目指すのは、'78年に政府が選定した、北京大學や清華大學を始めとする88校の「國家重點大學」。

但是與日本各大學的自主招生考試不同,在中國,高考意味着一錘定音。中國約有2600所大學,而考生們擠破頭想考入的是1978年由政府選定的以北大清華為首的88所“國家重點大學”。

その他の大學と比べ、ブランド力や就職実績が天と地ほど違う。今年6月に実施された高考の出願者數は、実に約1031萬人。日本とはケタ違いの競爭率なのだ。

這88所高校的影響力與就業情況與其他大學都有着天壤之別。今年參加高考人數約達1031萬人。與日本高考的競爭率相比差別巨大。

この高考に向けて、中國の學生たちは死に物狂いで機に向かう。東大大學院に通う、中國人留學生A子さん(24歳)が話す。

為了應對高考,中國的學生們要在課桌前拼命學習。考取東大研究生的中國留學生A(24歲)説道。

「高校時代は朝6時に起牀し、體操をして、朝食を食べたら、後はずっと勉強でした。中國の中學・高校は寮生活を送る學生が多いですし、日本のような部活動も基本的にはありません。なので、ずっと勉強漬けなのです。

“上高中的時候,每天6點起牀,做早操,吃早點,然後就一直學習。有很多高中是住宿制,像日本高中那樣的社團活動是不存在的。大家都是一整天埋頭學習。

高校1年のうちに、3年間分のカリキュラムをすべて終え、2年からは高考にむけた受験勉強です。休日は朝7時から深夜2~3時まで勉強する生徒も珍しくありませんでした」

高一要把三年所要學的知識全部掌握,從高二開始就進入到高考複習階段。即使在假期從早晨7點學到深夜2、3點的學生比比皆是。”

毎年のように高考でのカンニングなどの不正事件が起きるのも、それだけこの試験が厳しく、人生を左右するものだからだ。A子さんが続ける。

高考作弊等不良事件每年都會發生,也正因為如此高考才萬分嚴格,左右着考生們的未來。A繼續談道。

「先生からは、繰り返し『合否を分けるのは、ほんの少しの差だ。合格まであと1點だったと嘆く生徒が毎年いるが、その1點に數萬人の受験生がひしめいている。それが高考だ』と言われました」

“老師們常會説‘能不能被名校錄取取決於零點幾分。每年都有學生抱怨差一分提檔,這可是高考,一分就隔着千軍萬馬。’”

勝負にならない

沒有可比性

一方、今年1月の日本のセンター試験の出願者數は約58萬人。高考では、中國の23ある省のひとつの受験者數程度にすぎない。

而今年1月份舉行的日本中心考試,報名人數約58萬名。只不過是中國一個省的高考人數而已。

高考を突破し、中國國內の名門大學を経て日本の大學院にやってくる留學生はもちろん、高考で思ったような結果が出ず、やむなく日本の大學に入學する留學生も、この1000萬人との苛烈な競爭を経験してきている。

從高考中脱穎而出,在中國名牌大學畢業後留學到日本的研究生就不必説了,那些沒經歷高考,高中畢業後就來日本留學的孩子們也是從1000萬人中選拔出來的佼佼者。

日本にやって來てからも、中國人留學生は勉強することを止めない。日本人學生がアルバイトや遊びに沒頭する中、彼らは家と大學を往復する毎日を送り、ひたすら勉強、研究に明け暮れる。日本人學生は、端から勝負にならないのだ。

來到日本之後,中國留學生一刻不停地學習。日本學生將精力投放在打工、聚會,而中國留學生們家與學校兩點一線,一味地學習、研究。日本孩子從一開始就失去了競爭力。

海外に飛び出した中國人留學生の多くは、卒業後は中國に帰國する。しかし、日本へ來た留學生は、そのまま日本國內の企業に就職する人が多いという。中國問題に詳しい、ジャーナリストの福島香織氏が語る。

前往海外求學的中國學生大多畢業後選擇回國。而來日本留學的學生很多人都選擇留下在日本工作。記者福島香織常年研究中國問題,她解釋道。

「トヨタや伊藤忠商事などの大企業を始め、メディア系企業、外資系企業の日本支社などに入る人もいます。単純に日本文化が好きだからなどの理由で、そのまま日本で就職する人が多いのです」

“留學生們會入職與豐田和伊藤忠商事這樣的大企業,也有就職於媒體企業、外企的日本分公司的學生。在日本發展的留學生留下來的原因有很多,比如説僅僅是因為喜歡日本文化。”

'18年6月に米・トランプ政権は、ハイテク分野など、一部の留學生のビザの期間を最長5年から1年へと大幅に短縮した。

2018年6月美國政府決定,收緊高新技術等領域的一部分留學生的簽證,簽證時間從5年大幅縮短到1年。

米中関係の悪化から、すでに中國人留學生のビザが出にくくなるといった影響が出始めている。これまで米國に行っていた中國の最優秀層の學生たちが、今後、続々と日本に流れる可能性は高い。

受中美關係緊張的影響,中國留學生的簽證已經很難辦理。曾在美國留學的中國最優秀的學生們,今後很可能陸續求學於日本。

大學のトップ層はもちろん、國內の有力企業の中樞も中國人ばかり――。そんな未來は、すぐそこまでやって來ている。

別説是大學的精英們,很快,未來日本國內的大企業高層也會遍佈中國人。

本內容為滬江日語原創翻譯,嚴禁轉載。

相關閲讀推薦:

日本留學新形式:寮內留學